FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会長の切り札/鷹見 一幸 シリーズ全巻 レビュー・感想




75点

1冊当たり1000円の価値。


余りの説教くささに耐えられるか…


ということで、以前に「でたまか」をヒットさせた中堅作家の鷹見さんが最近スニーカーで出版されたシリーズが終わりを迎えました。


僕は以前からこの人の作品の雰囲気が好きでした。

「やせがまん」などのこの人独自の価値観をこれでもかと言うほど提示してくるんですが、その大部分が僕にとってはすんなり理解できるものでした。

この人の価値観と僕の価値観が似通っているのかもしれません。

ただし、その価値観が自分と合わないという人や、そもそも小説で説教くさく価値観を語られるのが嫌だという人は避けたほうがいい…というよりは、読んではいけない本です。

半分が作者の価値観の押し付けで出来上がっている本です。(僕はその価値観は生きていくうえで重要な示唆に富むと思っているのですが。)

では残りの半分が何で出来ているのかというと、

25%が戦略ゲームです。相手の裏をかく作戦を立てるというものです。

25%がキャラクターです。学園の雰囲気、ヒロインの朋絵の可愛さ、などなどのいわゆる萌え要素です。イラストも含まれます。

後者2つは普通に面白いので、おススメできると思います。

ただし、若干子供向けに書かれているような感覚を受けますね。

余り複雑な駆け引きなんかはありません。

ですから、小学生・中学生向けですかね。

「価値観」の部分もそれくらいの世代の人にこそ読んで欲しい部分です。

まあ、あと僕からいえることは

おにぎり姫可愛いよおにぎり姫

くらいです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

一番お得な書籍購入サイト
プロフィール

N

Author:N

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。