スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TENGA ディープスロートカップ レビュー・感想

さて、本日紹介させていただくのはこの商品です。

TENGA ディープスロートカップTENGA ディープスロートカップ
()
TENGA

商品詳細を見る



使い心地などを熱く語る前に、まずはTENGAについての基礎知識を復習させていただきたいと思います。

TENGAとは言わずとしれた使い捨てオナホールの金字塔ですが、一口にTENGAと言っても様々な種類があります。


そしてその「刺激の強さ」によって4つに大別されます。


① スタンダード

その名のとおり、TENGAの基本となるタイプです。刺激の強さは中程度。全体的に他の種類よりは100円から200円ほど安価で手に入ります。コンセプトカラーはで、見た目が派手です。

ディープスロート、ソフトチューブ、ローリングヘッド、ダブルホール、エアクッションなどの種類があります。

ロマンを掻き立てるネーミングですね。


② ソフト

こちらはスタンダードより刺激が弱いタイプです。スローオナニーに適するようですね。まったり楽しむことが出来ます。コンセプトカラーは爽やかな白です。

ディープスロート、ソフトチューブ、ローリングヘッド、エアクッションがあります。


③ ハード

こちらはスタンダードよりも刺激が強いタイプです。より強い刺激を求める強靭なムスコをお持ちの方に最適です。コンセプトカラーは引き締まったブラックです。

ディープスロート、ソフトチューブ、エアクッションがあります。


④ US TENGA

こちらはビッグサイズの方、もしくはユルユルな感覚で楽しみたい方ように作られたLサイズTENGAです。

ディープスロート、ソフトチューブがあります。



こんなにたくさんの種類があるんですね。

僕も調べてびっくりしました。


そしてその中から僕が今日レビューする作品はスタンダードタイプのディープスロートカップです。

フェラ○オをイメージして作られた作品のようですね。

全てのTENGAの頂点に立つ作品らしいです。

本当にどうでもいい話ですが、僕が買った店には「ケンコバ一押し!」と書いてありました。

どうでもよさが宇宙レベルです。




これが全体像です。

tenga01

ぱっと見ではオナホールとは分からないお洒落さですね。

僕はインテリアとしてしばらく自室の机の上に飾っていました

銀と赤の横縞がグゥレイトです。



tenga02

僕はこれを780円で買いました。アマゾンの方が安いのですが、実家暮らしではさすがに通販はためらわれます。



tenga05

何だこのマーク・・・

一瞬トイレのマークかと思いましたがそんなことは無かったぜ!



tenga08

そしてこの天辺にある不穏なシール


これを剥がすと…



tenga14

こうなります。



この穴を指でふさいだり離したりすることによって、PPPの刺激のされ方が変わってくるようです。

楽しみですね。


tenga09

服を脱がせました

いいくびれしてますね。

ちょっと安っぽい色合いのプラスチックですが、まぁいいでしょう。

脱がせると大概こんなもんです。





さて、お待たせしました!

蓋を開けてみましょう。

tenga11



うおっと!!!!!



しまった、ローションが垂れてきました!!!


皆さん蓋を開けるときは要注意です!




さて、気を取り直して・・・

tenga13

これが入り口です。小さい穴ですが、これを押し広げてinsertします。

全体的に内部はよくローションがまぶされておりますが、EGGのときほど垂れてきそうな感覚はないです。

グッジョブ!!


さぁついに行為を始めるとしましょう。


本日のオカズはこちらです。


ナツコイ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)ナツコイ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2010/07/31)
ReDrop

商品詳細を見る



ここからは写真は抜きでお送りいたします。(当たり前だ)






キ・・・キツイ・・・


押し広げた狭い空間にPPPがなじむまでは少し辛いです。


特に「くびれ」の部分がきついですね。

強い圧迫感をかんじます。


しかしそれも10回ほど上下すると徐々に楽しめるようになってきます。


ローションのかかり具合が絶妙で、ぬるぬる感強い締め付け感が一体となって襲ってきます。


うーんマンダム!



こすれあう部分は刺激が強くなく弱くなくいい感じだと思いました。

締め付けに関しては強めかなと思います。

EGGがかなり緩かったのとは対照的ですね。


今は穴をあけて上下しているので、若干空気が入って緩いはずなのですが、それでも最初はきつく感じました。



今度は穴を押さえて行為に及びます。


う・・・ふおおおおおおおおお???!!!




な・・・なんというか・・・






別に気持ちよくない・・・というかやり辛い・・・




吸いつけ感が強くなりすぎて、穴から引っこ抜く作業がちょっと辛いです。

はっきり言うと若干痛い。


吸われる感は確かにあるんですが、それが気持ちいいと感じるかは人によるんじゃないかなと。


僕は穴をあけたままするほうが好きですね。



そして、しばらく行為に没頭して気づいたのですが、硬いプラスチックのカップの中にPPPを突っ込んでいるため、締め付けの強さを調整できません

これ、かなりのマイナスポイントですよ。


さすがに行為ぐらい自分のペースでまったりしたいです。


その点は、EGGの方が上ですね。







全体としての気持ちよさはディープの方が上ですが。





石油臭の少なさ、即insert出来る配慮、そしてローションの垂れなさに、即廃棄できることなど、いろんなところにユーザー志向な部分が見出せます。



ただ、まったり派の僕には自分で強さを調整できるというのが重要ですので、これはもう買わないと思いました。



でも、気持ちよかったですよ!ありがとう!






さて、今度は自分で締め付けの強さを調整できるという、ソフトチューブに挑戦してみたいと思っています。


気長にお待ちください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんだけあれこれ考察しながらやってたら集中できないんじゃないか心配してしまうぐらいのナイスレビュー次回を期待しております。
一番お得な書籍購入サイト
プロフィール

N

Author:N

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。